お金借りる 無職

無職やニートがお金を借りるには?

お金を無職の場合借りることが出来るのでしょうか。お金を借りる場合、基本的に収入がなければ借りれないといったイメージがあります。でも、無職でもどうしてもお金が必要になるときがあります。その時にはどのような方法で借りることが出来るのでしょうか?

無職でお金を借りる方法とは?

無職でお金 借りる方法はどのような方法があるのでしょうか?

 

その前にどうして無職の人にはお金を借りることができないのかというと、やはり返済能力がないとお金を借りたあとただ借金を抱えてしまうために借りることができません。

 

でも、無職でも借りることが出来る場合があります。

 

それは、配偶者のいる専業主婦(主夫)、年金受給者、不動産やネットビジネスなどで収入を得ている人です。

 

このような場合にはお金を借りることが出来る場合があります。

 

その時の方法は、配偶者がいる専業主婦は、配偶者の同意書と夫婦であることの証明書類が必要で、銀行のカードローンをりようするといいかもしれません。

 

年金受給者の方は、独立行政法人福祉医療機構、株式会社日本政策金融公庫がおすすめで、金利が低く、審査が通りやすいです。

 

不動産やネットビジネスをしている方には、定期的な収入を得ているという証明書を提出の上、審査をしてもらうといいと思います。

無職だとカードローンは利用できない?

無職だとカードローンは利用できないのでしょうか?やはり無職だと返済能力が低いためにカードローンが通ることが難しい状態です。

 

ですが、無職であっても就職が来月から決まった、家賃収入がある、株式投資なので毎月収入があるなどといった毎月安定した収入があればまれに審査が通ることもあるので、無職だからといって一概にカードローンを利用できないということはありません。

無職でもカードローンが使える場合

無職でもカードローンが使える場合は、仕事がないにしろ、結婚していて、配偶者の収入があったり、ある程度どこかで毎月収入を得れる環境にいた場合にはカードローンを利用できることがあります。

 

そのためには毎月収入を得ているという証明書などは必要になると思いますが、それを提出して審査に通ることもあります。また、消費者金融が通らなくても、銀行のカードローンなら通るということもありますので、様々なやり方でやってみるとカードローンが使えるパターンがあるかもしれません。

 

完全に無職だと難しいですが、可能性が有る限りやってみるのもいいかもしれません。

収入があれば借りられる